効果

ロスミンリペアクリームホワイトの成分は?メリットとデメリットも。

更新日:

ロスミンリペアクリームホワイト,成分

薬用化粧品のロスミンリペアクリームホワイト

そのため、薬用成分が配合されています。

でもどんなメリットやデメリットがあるのか気になりませんか?

この記事では、ロスミンリペアクリームホワイトに含まれている成分のメリットとデメリットを紹介していきます。

 

ロスミンリペアクリームホワイトの全成分

まずは、ロスミンリペアクリームホワイトに入っているすべての成分をまとめておきました。

有効成分:トラネキサム酸、アルブチン

BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、水酸化Na、スクレロチウムガム、フェノキシエタノール、スクワラン、メドウフォーム油、トリエチルヘキサン酸グリセリル、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、ジメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、ピロ亜硫酸Na、1,2-ペンタンジオール、アロエエキス-2、酵母多糖体末、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、チンピエキス、ウメ果実エキス、シルバーバイン果実エキス

ロスミンリペアクリームホワイトの成分のメリット

ロスミンリペアクリームホワイトの成分のメリットは大きく3あります。

メリットその1 実績がある

ロスミンリペアクリームホワイトの有効成分であるトラネキサム酸とアルブチンは、どちらもシミや肝斑への効果に実績があります。

そのため、厚生労働省から認可されています。

こうしたきちんとした裏付けのある成分が配合されていることは大きなメリットです。

メリットその2 安全性が高い

実はアメリカでは、シミを消すためにハイドロキノンという成分が有名です。

このハイドロキノンという成分、たしかにシミへの効果はすごいとされていますが、その分副作用も懸念されています。

肌あれや赤みといったトラブルを引き起こすこともあり、シミが消えたとしても結局肌にとっては良いのかどうかという疑問視もされているんですね。

ロスミンリペアクリームホワイトに入っているトラネキサム酸は、このハイドロキノンをもとに作られた成分なんです。

ハイドロキノンをそのまま配合すると危険性やリスクがあるため、効果をじゃっかん落としつつ、安全面への配慮を高めた成分となっています。

メリットその3 保湿効果

ロスミンリペアクリームホワイトの成分はシミやシワに関するものだけではありません。

7種類もの保湿成分が入っているんです。

  1. スクワラン
  2. ウメ果実エキス
  3. リムナンテス
  4. BG濃グリセリン
  5. チンピエキス
  6. シルバーバイン果実エキス
  7. アロエエキス2

保湿はシミやシワ、ハリ、ツヤなど、年齢肌に関するすべての悩みを解消するのに大切な要素です。

ロスミンリペアクリームホワイトは、クリームでありながらこのように保湿にも特徴があるんですね。

年齢肌のトータルケアができるのも大きなメリットです。

ロスミンリペアクリームホワイトの詳しい効果はこちらの記事にまとめました。

関連記事ロスミンリペアクリームホワイトの効果とは。効かないって噂は本当?

 

ロスミンリペアクリームホワイトの成分のデメリット

ロスミンリペアクリームホワイトの成分のデメリットは高級という点です。

薬用成分がたっぷり入っているだけでなく、保湿成分も配合されているのは効果としてはメリットが大きいです。

しかし、その分おたかくなってしまうのもデメリットです。

ちなみに、期間限定でかなりお得に購入する方法があります。

詳しくは↓の記事で公開しています。

関連記事ロスミンリペアクリームホワイトの販売店は?お金と移動時間を節約!

-効果
-,

Copyright© ロスミンリペアクリームホワイトの口コミ!@コスメやブログの評価も , 2018 All Rights Reserved.